読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・やる気スイッチ(略)

相変わらず不適切な内容が含まれています。
あなたは団の人ですか?(はいを押すとヤフーとかグーグルに飛ばされる)





大前提として、やっぱり楽器を叩くこと自体は楽しい。自分の音が好きなタイプの人間だから、ちゃんと上手く叩いていい音を出そうとも思う。
で、「一人で突っ走ってたのがバカみたい」。問題は一人で突っ走ったことではなくて、まわりも当然突っ走ってるもんだと勝手に期待したことだよね。それをやめればいい。簡単な話だ。
やる気なかったり練習する気ない人ももちろんいて、あるいはやる気はあっても焦らず堅実にやっていくタイプの人とか直前追い込み型の人とかもいるだろうしね。うんうん。
あと、結局は自分の練習不足って面も大いにあるんだよな。だって突っ走ってる時点で練習追いついてないってことだし。焦るのと急ぐのは違う、俺は焦ってた。し、自分が練習不足だから合奏の場にいろいろ求めすぎてた。もし自分が完璧に叩けてれば、合奏がどんなに進まなかろうが自分の叩く時間がなかろうが痛くも痒くもないもんね。
一応後者に関しては言い訳させて欲しいんだけど、打楽器って休みが長かったり「曲の流れの中での一発」みたいなのが多かったりするから、個人練だけじゃどうしようもない部分もあると思うんだよ。まあそれも音源聴きながら叩く練習を積めば解決。他団体のトラでリハだけで本番乗らなきゃいけなかったときはそれをやりまくって本番は普通にうまくいった。
だいたい、合奏に頼らず自分の音をよくしていくのならあと丸々2ヶ月もあるじゃないか。合奏に頼ろうとしてたから回数が少なくて焦ってたんだ。俺は合奏の場で音量を出さないなんてことはまずないけど、根っこは合奏でちゃんと吹かない(練習してこない)人と同じだったじゃあないか。まったく。

周りは知らんけど、俺は本番までに上手くなる。自分で自分の音に満足できるように。あとまあ自己顕示欲も満たしたい、去年みたくアンケートで名指しで褒められまくりたい。パート単位とかじゃなくて俺個人を7人が褒めてくれた(身内抜き)の、普通に自慢。個人練楽しいし、それで十分じゃない?