読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気スイッチ、俺のはどこにあるんだろう

やる気が出ない。厳密に言うと、出なくなってしまった。


団の人は読まないほうがいいと思います。
それでも文章化して吐き出さないといつまでも腹の中で燻ってるのです。




もう一度言います。団の人は読まないほうがいいと思います。やる気ない宣言に文句を言う人間がやる気ない宣言してるよ?





こないだの指揮者のやる気ない・早く終われ・もう吹奏楽はいい宣言、あれですっかり萎えてしまった自分がいる。
考えないようにしてたんだけど、今日ガイダンスでサークルを休んで、あー来週も行く気起きないなって思ってしまった。本当は合宿の日のインターン合同説明会も行きたいんだけど。マイナビのやつ。合宿休んでいい?だめ?
あれは前に立つ人の口から聞きたい言葉ではなかったし、彼は「指揮者だから〜」について不満を言っていたけど指揮者じゃなくても不適切な発言だったと思うよ。
まあ俺は無職で団の人と交流もしないからなーんにも知らないけど裏ではもっといろんなことが起こってるんだろうし、過ぎたことを言っても仕方がない。ということで、彼の発言でここまで萎える自分自身について考えたほうが賢明ですね。

そもそもコンクールがあんなんで終わった時点でわりと迷走していたのだけれど、夏休み2ヶ月間吹奏楽から離れた(だけではなくもはや人間じゃないような)生活をして、その後久々に楽器触ったり新しい楽譜に触れたりしたら単純に楽しかったんだよね。今回は自分のパートどれもやりがいがあるしどの楽器も間空いてヘッタクソになってるし、2ヶ月半しかない定演期突っ走るぞ!くらいの気持ちでいて、焦っているというよりは全てに前向き(当社比)だった。「定演期入ってから楽しそう」って言われたくらい。
って感じだったところでのあの日。実際合奏がああな時点でそこまでやる気ない(あっても練習してない)人が多数派だろうなってのは正直感じてたし、だいたいそんなの今に始まった話じゃないし、さらに言えば初回の合奏の時点で指揮者もこの曲好きじゃないなってのは察せたし、でもそれらを全てはっきりと言われてしまって、なんか、一人で突っ走ってたのがバカみたいだし恥ずかしいなと思えてしまった。

以上。うん、書くことが尽きてしまった。どうしよう?改善策を提示しない不満不平はやる気ない宣言と同じだぞ?

だって皆にやる気がないのも指揮者にやる気がないのも事実で、それはもう大きく変わるもんじゃなくて、ついでに言えば俺だって勢いづいてただけで元々やる気がそんなになかったんだろうから今ここまで萎えてるんだろうし、でも少ない合奏回数で本番は近づいてくるだろうし、もうどうもできなくない?残念ながらここで鼓舞し合えるような人はいないし、そういう風に団の人間と関わってきたのは自分だし。楽器が好きだ、吹奏楽が好きだ、それだけじゃだめだし、「一人で」突っ走ってた時点で救えないってことかな。
そもそも、始めっから全てが独り善がりなんだよね。どうしようもないね。

困ったね、どうしようもないって結論で終わっちゃうね。滑稽だね。

団に所属する以上、全員が自分ができることに最善を尽くすべきだと思ってる(ついでに言うと役職持ちはその「大きさ」や「広さ」が違うと思う)ので、どんな精神状態でも自分のできることはきちんとやりますけどね。それには練習を休まないことも含まれる、打楽器は代わりがいないからとくに。ドラムなんかいなかったら全体に迷惑だしね。

人には偉そうに「義務感だけでやってるの?」とか聞いといて、自分がそうなんじゃないか。死んでしまえ。今死ぬほうが迷惑だけど。

俺も「一晩寝たら忘れるので気にしないでください」。