読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・やる気スイッチ(略)

相変わらず不適切な内容が含まれています。
あなたは団の人ですか?(はいを押すとヤフーとかグーグルに飛ばされる)





大前提として、やっぱり楽器を叩くこと自体は楽しい。自分の音が好きなタイプの人間だから、ちゃんと上手く叩いていい音を出そうとも思う。
で、「一人で突っ走ってたのがバカみたい」。問題は一人で突っ走ったことではなくて、まわりも当然突っ走ってるもんだと勝手に期待したことだよね。それをやめればいい。簡単な話だ。
やる気なかったり練習する気ない人ももちろんいて、あるいはやる気はあっても焦らず堅実にやっていくタイプの人とか直前追い込み型の人とかもいるだろうしね。うんうん。
あと、結局は自分の練習不足って面も大いにあるんだよな。だって突っ走ってる時点で練習追いついてないってことだし。焦るのと急ぐのは違う、俺は焦ってた。し、自分が練習不足だから合奏の場にいろいろ求めすぎてた。もし自分が完璧に叩けてれば、合奏がどんなに進まなかろうが自分の叩く時間がなかろうが痛くも痒くもないもんね。
一応後者に関しては言い訳させて欲しいんだけど、打楽器って休みが長かったり「曲の流れの中での一発」みたいなのが多かったりするから、個人練だけじゃどうしようもない部分もあると思うんだよ。まあそれも音源聴きながら叩く練習を積めば解決。他団体のトラでリハだけで本番乗らなきゃいけなかったときはそれをやりまくって本番は普通にうまくいった。
だいたい、合奏に頼らず自分の音をよくしていくのならあと丸々2ヶ月もあるじゃないか。合奏に頼ろうとしてたから回数が少なくて焦ってたんだ。俺は合奏の場で音量を出さないなんてことはまずないけど、根っこは合奏でちゃんと吹かない(練習してこない)人と同じだったじゃあないか。まったく。

周りは知らんけど、俺は本番までに上手くなる。自分で自分の音に満足できるように。あとまあ自己顕示欲も満たしたい、去年みたくアンケートで名指しで褒められまくりたい。パート単位とかじゃなくて俺個人を7人が褒めてくれた(身内抜き)の、普通に自慢。個人練楽しいし、それで十分じゃない?

やる気スイッチ、俺のはどこにあるんだろう

やる気が出ない。厳密に言うと、出なくなってしまった。


団の人は読まないほうがいいと思います。
それでも文章化して吐き出さないといつまでも腹の中で燻ってるのです。




もう一度言います。団の人は読まないほうがいいと思います。やる気ない宣言に文句を言う人間がやる気ない宣言してるよ?





こないだの指揮者のやる気ない・早く終われ・もう吹奏楽はいい宣言、あれですっかり萎えてしまった自分がいる。
考えないようにしてたんだけど、今日ガイダンスでサークルを休んで、あー来週も行く気起きないなって思ってしまった。本当は合宿の日のインターン合同説明会も行きたいんだけど。マイナビのやつ。合宿休んでいい?だめ?
あれは前に立つ人の口から聞きたい言葉ではなかったし、彼は「指揮者だから〜」について不満を言っていたけど指揮者じゃなくても不適切な発言だったと思うよ。
まあ俺は無職で団の人と交流もしないからなーんにも知らないけど裏ではもっといろんなことが起こってるんだろうし、過ぎたことを言っても仕方がない。ということで、彼の発言でここまで萎える自分自身について考えたほうが賢明ですね。

そもそもコンクールがあんなんで終わった時点でわりと迷走していたのだけれど、夏休み2ヶ月間吹奏楽から離れた(だけではなくもはや人間じゃないような)生活をして、その後久々に楽器触ったり新しい楽譜に触れたりしたら単純に楽しかったんだよね。今回は自分のパートどれもやりがいがあるしどの楽器も間空いてヘッタクソになってるし、2ヶ月半しかない定演期突っ走るぞ!くらいの気持ちでいて、焦っているというよりは全てに前向き(当社比)だった。「定演期入ってから楽しそう」って言われたくらい。
って感じだったところでのあの日。実際合奏がああな時点でそこまでやる気ない(あっても練習してない)人が多数派だろうなってのは正直感じてたし、だいたいそんなの今に始まった話じゃないし、さらに言えば初回の合奏の時点で指揮者もこの曲好きじゃないなってのは察せたし、でもそれらを全てはっきりと言われてしまって、なんか、一人で突っ走ってたのがバカみたいだし恥ずかしいなと思えてしまった。

以上。うん、書くことが尽きてしまった。どうしよう?改善策を提示しない不満不平はやる気ない宣言と同じだぞ?

だって皆にやる気がないのも指揮者にやる気がないのも事実で、それはもう大きく変わるもんじゃなくて、ついでに言えば俺だって勢いづいてただけで元々やる気がそんなになかったんだろうから今ここまで萎えてるんだろうし、でも少ない合奏回数で本番は近づいてくるだろうし、もうどうもできなくない?残念ながらここで鼓舞し合えるような人はいないし、そういう風に団の人間と関わってきたのは自分だし。楽器が好きだ、吹奏楽が好きだ、それだけじゃだめだし、「一人で」突っ走ってた時点で救えないってことかな。
そもそも、始めっから全てが独り善がりなんだよね。どうしようもないね。

困ったね、どうしようもないって結論で終わっちゃうね。滑稽だね。

団に所属する以上、全員が自分ができることに最善を尽くすべきだと思ってる(ついでに言うと役職持ちはその「大きさ」や「広さ」が違うと思う)ので、どんな精神状態でも自分のできることはきちんとやりますけどね。それには練習を休まないことも含まれる、打楽器は代わりがいないからとくに。ドラムなんかいなかったら全体に迷惑だしね。

人には偉そうに「義務感だけでやってるの?」とか聞いといて、自分がそうなんじゃないか。死んでしまえ。今死ぬほうが迷惑だけど。

俺も「一晩寝たら忘れるので気にしないでください」。

月記:2016/10

もう10月1週間過ぎたじゃないですかーやだー
寒くなりましたね。もうすぐ初雪だね。つらいね。

気づいたら夏休み終わってた。
大学で友達に会うと第一声は「生きてたの?」、その次は「夏休み何してたの?」なんだけど、もはやこっちが聞きたい。一体俺は何をしてたんだ。バイトか。
函館と長崎には泊まりに行ったけど基本的にはバイト、起きてバイトして寝て起きてバイト、たまに飲みには行ったけどあんま人に会ってない。こうやって書くとやばい。
9月のバイト終えてからはゲームしたりゴジラを2回観たり本を読んだり楽器を叩いたり弾いたり吹いたり、あと今日は友達の演劇サークルの公演を見に行ったんだけど、「文化的な最低限度の生活~!生存権~~~!」って感じ。人間に戻りました。
それでも文化的な生活には金がかかるから貯金あってこそだし、後悔はして…ません。ええ。今後は週1しか出勤しませんけどね。

2ヵ月吹奏楽から離れてもう二度とやらないんじゃないかと思ったんだけど、いざ秋コン聴きに行ってみたらやっぱり楽器が恋しくなりました。
全体がどうかは知らんけど、自分自身は悔いのない定演にしようと思います。てかします。練習します。パートとしても万全の態勢で本番を迎えたいね(個人の技量がどうとかではなく合わせの話)。

後期は週休5日(舐め腐ってる)。そのかわり1つも落とせない、4年はなにがなんでもゼミだけにしたい。
引退までは月水木サークル、火金講義、土曜バイトって感じの生活です。ただし公務員試験の勉強は全然進んでないからやることは山ほどある。
チャリが使えるうちはなるべく大学に行って勉強したい…引きこもり治療したい…。誰か毎朝叩き起こしてくれません?

生きるぞぉ。

長崎の行程メモと写真まとめ

出発の1週間くらい前から、見るたびに悪くなっていく天気予報にキレ続ける生活をしていました。

○9/12

スカイマーク:新千歳10:40→13:15福岡
千歳は晴れ、福岡は土砂降りの雨だったけどほぼ定刻通り着陸。
f:id:shnsk78t:20160915003836j:image

昼飯のためだけにいったん博多へ。
空港から市街地まで近すぎ。
f:id:shnsk78t:20160915003849j:imagef:id:shnsk78t:20160915003906j:image
水炊き御膳。

九州急行バス:博多BT15:46→長崎駅前18:12

市電に乗って新地中華街へ。
f:id:shnsk78t:20160915004302j:plain
f:id:shnsk78t:20160915003933j:image
ちゃんぽんメチャクチャ旨かったしついビールも飲んでしまった。

市電で宿に行ってちょっと買い物してさっさと就寝。

○9/13

この旅のメインイベント、軍艦島上陸クルーズ(やまさ海運)。

f:id:shnsk78t:20160915005815j:plain
長崎港はこんな感じの曇り空、でも雨予報だったのに降ってなかったからそれだけで歓喜

f:id:shnsk78t:20160915010338j:plain
造船所を見たり
f:id:shnsk78t:20160915010321j:plain
橋をくぐったりすると
f:id:shnsk78t:20160915010423j:plain
高島が見えてくる(たぶんこの写真で合ってるはず)。
俺「青空見えてきてね?」

 そして
f:id:shnsk78t:20160915010913j:plain
お?
f:id:shnsk78t:20160915010824j:plain
見えてきた
f:id:shnsk78t:20160915011118j:plain
きた!!!

f:id:shnsk78t:20160915011533j:plain
向かって左が社宅でその屋上が保育園、向かって右が小中学校。だったかな?
f:id:shnsk78t:20160915011605j:plain
お偉いさんの住宅、祠だけ残った神社、積み込み用桟橋の橋台。

f:id:shnsk78t:20160915012107j:plain
f:id:shnsk78t:20160915012145j:plain
そのまま無事接岸。
波が高いともうダメで、上陸できるのは年に100日程度だとか。
そして写真を見てわかるようにここらへんから完全に晴れます。どんだけ日頃の行いが良いんだ。

いざ上陸!
f:id:shnsk78t:20160915154858j:plain
f:id:shnsk78t:20160915155024j:plain
中央に見えるのは石炭用のベルトコンベアーの支柱。
f:id:shnsk78t:20160915155216j:plain今でこそ草木が生えてるけど、人が住んでた頃は本当に緑がなかったそうです。
f:id:shnsk78t:20160915155446j:plain
f:id:shnsk78t:20160915155541j:plain
f:id:shnsk78t:20160915155659j:plain

f:id:shnsk78t:20160915004139j:plain
f:id:shnsk78t:20160915155815j:plain
二坑口桟橋の階段だけが残ってる。
f:id:shnsk78t:20160915160022j:plain
このレンガが総合事務所の建物の一部で、下が共同浴場だったとか。
f:id:shnsk78t:20160915160224j:plain
山のてっぺんにあるのが貯水槽、灯台は無人島になってから作られたもの。
f:id:shnsk78t:20160915160752j:plain
f:id:shnsk78t:20160915161023j:plain
なんかいそう。
f:id:shnsk78t:20160915161248j:plain
奥向かって右の建物は日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造のアパートだとか。ちょうど今年で築100年らしい。
f:id:shnsk78t:20160915161537j:plain
f:id:shnsk78t:20160915161613j:plain
なんかいそう。なんも写ってないよね?大丈夫だよね?
f:id:shnsk78t:20160915161732j:plain
わかりにくいけど右上に写ってるのは飛行機。なんだか時代錯誤な感じがして不思議だった。
f:id:shnsk78t:20160915162031j:plain
特徴的な石を積んだ護岸。
上陸してからは三か所ある見学広場でガイドさんが案内してくれました。ガイドさんも晴れたことにびっくりしてました。

そして船に戻り、今度は島の外観を船から眺める。
f:id:shnsk78t:20160916013549j:plain
祠アップ。こわい。
f:id:shnsk78t:20160916013828j:plain
右端に見えるのは病院。
f:id:shnsk78t:20160916013948j:plain
f:id:shnsk78t:20160916014104j:plain
そして上陸したときにはまったく見られなかった島の西側へ。
f:id:shnsk78t:20160916014218j:plain
f:id:shnsk78t:20160916014317j:plain
このアングルが、「軍艦」島と呼ばれる所以です。
f:id:shnsk78t:20160916014800j:plain
f:id:shnsk78t:20160916014844j:plain
f:id:shnsk78t:20160916015103j:plain
建物がいっぱい(雑)。
西側は基本的に住宅と思っていいはず。
f:id:shnsk78t:20160916015000j:plain渡り廊下が見える。
f:id:shnsk78t:20160916015220j:plain
見えにくいんだけど、手前左側のコンクリが補修されてるあたりの白い建物が隔離病棟。伝染病とかのためだとわかってても「隔離病棟」って響きが怖いよね。

軍艦島はこれでおしまい。あっという間だった。

次の目的地まで行くためにレンタカーを借りる。
f:id:shnsk78t:20160916020053j:image
ミラージュでした。

長崎市街からだいたい1時間半、瀬戸港。
f:id:shnsk78t:20160915004030j:plain
ここから高速船に乗って池島へ。
f:id:shnsk78t:20160915004037j:plain
ちなみに1日6.5往復もあります。

長崎市街から見て手前の神浦港からも池島まで船は出てるけど、今回はいい時間がなかったので瀬戸まで。

ていうか池島ってなんだよ?って感じだよね。
「現在進行形で廃墟化している」と話題の、こちらも炭鉱で栄えた島です。まだ人が住んでるのに「廃墟化」って言葉を使うのは失礼かもしれないけれども。
実際に炭鉱の中を見学できるツアーもやってるけど、時間がなくて参加できませんでした。残念。

f:id:shnsk78t:20160916021208j:plain
こんな感じで、炭鉱施設がまるまんま残ってます。
f:id:shnsk78t:20160916021411j:plain坑道入口。たしかトロッコ乗ってここから中入れるはず…見学したかったな…。
f:id:shnsk78t:20160916021705j:plain
池島は緑もたくさんあって、トンボとセミがたくさんいて、道産子にとってはどうぶつの森でしか経験したことのないような「夏」でした。
f:id:shnsk78t:20160916021938j:plain
f:id:shnsk78t:20160916022029j:plain
これはたしか火力発電所

そしてこの島、ねこがたくさんいます。
f:id:shnsk78t:20160916022417j:image
f:id:shnsk78t:20160916022505j:plain
かわいい。

f:id:shnsk78t:20160916022838j:plain
汗をかきながら坂を上る。

坂の上のほうには団地群が残ってて、本当にボキャ貧なんだけど異世界って感じだった。ジブリのような。あるいは、SF的な「人類がいなくなった世界」か。
説明することもないのでひたすら写真を貼ります。
f:id:shnsk78t:20160916023337j:plain
f:id:shnsk78t:20160916023431j:plain
f:id:shnsk78t:20160916023540j:plain
f:id:shnsk78t:20160916023745j:plain
f:id:shnsk78t:20160916023910j:plain
f:id:shnsk78t:20160916023955j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024052j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024252j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024335j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024433j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024545j:plain
f:id:shnsk78t:20160916024627j:plain
絶対このねこについて行ったら異世界飛ばされる。

島唯一の宿泊施設や食堂もこのあたりにあります。
f:id:shnsk78t:20160915004059j:plain
トルコライス。ピラフ・スパゲティの上にトンカツ。
「大人のお子様ランチ」と評されてたけど、それ以上にいい例えが思いつかない。
f:id:shnsk78t:20160915004111j:plain
夜用に懐中電灯を借りられる。

f:id:shnsk78t:20160916025147j:plain
来た道とは違う坂を下る。
f:id:shnsk78t:20160916025253j:plain
f:id:shnsk78t:20160916025528j:plain
港のあたりまで下りました。
f:id:shnsk78t:20160916025425j:plain
f:id:shnsk78t:20160916025705j:plain
よくわからない機械。海のほうへ続いてたのか。
f:id:shnsk78t:20160916025842j:plain
f:id:shnsk78t:20160916025934j:plain
こちらは「ジブローダー」、石炭を運ぶ機械らしいです。
f:id:shnsk78t:20160916030054j:plain
ベルトコンベアーも残ってる。
f:id:shnsk78t:20160916030404j:plain
f:id:shnsk78t:20160916030503j:plain
石炭船積み機「トリンマー」(写真が下手)
奥にはフェリーが写ってます。

f:id:shnsk78t:20160915004117j:plain
この後また坂を上り、おそらく昔のままの100円銭湯に行きました。
そして21時には寝ました。

とくに炭鉱施設はちゃんと知識を持った人が見れば価値あるものばかりなんだろうけど、俺は無知なので世界観(?)を楽しむだけでした。
それでも、行って良かった。

○9/14

この日はとにかく移動。
6:44発のフェリーに乗ります。
f:id:shnsk78t:20160915004133j:plain
往路もそうだったけど、乗客は俺ひとり。

7:15頃には瀬戸港に到着。
17時間弱放置してたミラージュに乗って、長崎市街へ。

九州急行バス:長崎BT10:00→12:23福岡空港

f:id:shnsk78t:20160915004124j:plain
最後に空港で博多のラーメンを。

スカイマーク:福岡13:55→16:10新千歳

家に着いたのは18時前。長い移動でした。

おしまい。

日記じゃなけりゃ「月記」とでも呼ぶのか:2016/9

寝込んでたら9月になってた(と打ってる今もまだ熱はある)。

ウイルス性胃腸炎になりました。幸い吐き気はまったくなくて腹痛もそこまでハイペースではなくて、でも熱が39度からなかなか下がらないのはしんどかった。
少なくとも高校は皆勤だったから、こんながっつり寝込んだのいつぶりだろう。バイトも初めて欠勤してしまった。
今回は自分で車運転できる程度には元気なうちに病院行って買い物もして、おかげで万全の体制で寝込めた。勝利。早めの病院、大事。

8月は総労働時間155時間?って感じでした。もう働きたくありません。前は疲れるけど役に立てて〜とか言ってたけど今は本当に心の底から働きたくない。職場自体にも嫌気が…ごほんごほん。俺は社員じゃねえ。
9月はなんか希望より多くシフト入れられたけど、10月からはマジで出勤減らすんで。大学始まるしサークル復帰するし公務員試験の勉強するし、もう知らねっす。
いやほんとね、もう吹っ切れたっていうか嫌になっちゃったね。胃腸炎発症した日のバイトも嫌なことしかなかったかんね。特に券締めのミスなんとなーく俺のせいにされてたの根に持ってるからね、俺その日まったく関わってないからね。

8月は時間を失って金を得たから9月は適度に金を失って楽しみを得るぞぉ。買い物して酒飲んで、あとずーっと行きたかった遠いところへ行くよ!(死ぬわけじゃないよ)

(少なくとも学生としては)最後のコンクール

が終わりました。

※ネガティブなクソ自分語り、人間として未熟でバカ丸出し



ぜんっぜん集中できなかった。
練習ではできてた。無意識に指揮を見てていろんな音が聞こえてきて気を付けることは考えられてるけど無駄な思考は停止してて一瞬で曲が終わる、みたいな状態。
今日はひどかった。ずっと楽譜見てたし全然周りの音聞けなかったし打楽器すら聞こえなかったし思考はヘンにフル回転。「バスドもっと傾けようかな」って思った瞬間に音がひとつ抜けた。
正直全体として見ても出来は微妙で空中分解大惨事だったとは思う(来てくれてた親もそう言ってた)んだけど、仮に今日の演奏が最高でも自分の状態は変わらなかったんじゃないかな。

吹奏楽だけじゃなくてバンドも、その集中できる時間、痛い言い方をすれば音楽に入り込んだような時間を味わいたくてやってる。
あとはできなかったことができるようになる瞬間が好きだってのもあるけど。だからドラムだけじゃなくてベースにもキーボにもボーカルにも手を出した。
もっといろいろ考えてる人に言ったら呆れられそうだけど、結局今の俺はこのふたつ、主に前者のために音楽をやってる。誰かに音を届けたいなんてあんまり思ってない。いや観客に注目されたいみたいな願望はメッチャあるけど、それはただの自己顕示欲だから。

なので、その唯一とも言える目的が達成できなかったらすなわち音楽やってる意味がわからないんですよね。
年々その目的が達成できない本番が増えてるんですよね。

で、じゃあなんで集中できないのか。わからん。
正直今までは指揮とか全体の技術力とか選曲とか環境のせいにしてたけどさ。今回は曲は田村文生で指揮はhsgw先輩で全体の技術力もたぶん去年より一昨年よりも全然高くて、それでもダメだったんだから、自分に原因があるって認めざるを得ないよね。
冷静に思い出せば一昨年の秋コンとか定演とか環境は今より悪いのに集中できてたし楽しかったわ。

仮に社会人になってからも吹奏楽続けるなら管楽器でやりたいって思ってぼちぼち今も吹いてるけど、結局何年かしたら同じ壁にぶち当たるんだろうな。

考えが浅いっていうか、人間として未熟なんだと思う。
自分が音楽に入り込んだような時間を味わいたい、っていうそれだけを目標にしてるうちはダメ。きっと。
もうちょっとマシな人間になりたいね。

日記じゃなけりゃ「月記」とでも呼ぶのか:2016/8

社畜

8月の122時間は新記録だ(これに残業も加わる)(ていうか基本的に毎回残業なのでは)。
当然金が欲しいからってのは大きいし仮引退で暇になるってのもあるんだけどさ。
なんていうか自尊心?が満たされるとこあるよね。人の役に立ててる錯覚を覚えられるというか。自分で言うのもどうかと思うけどGWから今まででできる仕事かなーり増えたし。時給上げてくれ。なんなら残業も割増賃金もらって社員さんに感謝もされるボーナスステージくらいの感覚なんだよね。

まあ忙しいのもお盆までだ。実際忙しいほうが時間経つの速いしやりがい(当社比)ある。社員さんは過労死待った無しって感じだけれども。
レジで棒立ちしながら時計とにらめっこするだけの簡単なお仕事で金もらってるとマジで「なにやってんだろ俺…」ってなるからな。

バイトに学生生活捧げるなんて勿体無いって論調強いけどさ、稼いだ分全部好きに使えるのもあるいはまるまんま貯金に回せるのも学生のうちだけだよね。